グランドチャンピオンの歌声

土曜はNHKのど自慢のグランドチャンピオン大会でした。

我が家は7時以降テレビを消してしまうので、
NHKラジオ第一でこの模様を聞いていました。


やっぱりチャンピョンだけあってみんなうまいなー
プラチナとかアニソンで出られるとか時代だなー
ブラジルの人とかやっぱり声量がちがうなー 
演歌率たかいなー さすがのど自慢だじぇとか
そんなことを考えながら聞いていたわけですが、
優勝したのは今回は民謡の方でした。

民謡って「うまくて当たり前」なところがあって
(民謡を歌う時点で”習っている”はずなので)
のど自慢に出場してその歌声を披露しても
チャンピョンになれないことが少ないな〜と思っていたのです。

でもこの優勝には納得です。

なぜなら


長女が踊りだしたから。


だんす


会津の津は「ず」じゃなくて「づ」ですね。



ラジオからその歌声が流れてきたら、長女がクニクニと
不思議なダンスを披露してくれました。
(形でいったら盆踊りより歌舞伎みたいな・・・?
にほんごであそぼに触発されてか?)


他のポップスでも演歌でも踊らなかったのに。


何が彼女の心の琴線に触れて踊り出しちゃったのでしょう。








↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック