帝王切開 体験記 その8

手術後一晩たち、朝。


生理痛のような痛みはありますが、安静にしている限り

我慢できないほどではなかったです。

そして「自分は陣痛を経験していないので、ここで痛みを

感じないといけないんじゃないか
」みたいな、

変な思考にとらわれていました。

そのため、看護婦さんからの「痛みどめいりますか」に

「No」と返事をしたり。

今思うと出産後のハイな状態になっていたんだと思います。


もし、その当時の私にアドバイスすることがあるとすれば

飲めばいいよ、ここで痛みを感じようが感じまいが、

その後の人生に影響はないよ。
」と言っておきます。




2日目から自分で立ち上がってトイレにいくことなるのですが、

立ち上がるときには、電動ベッドのサポートがないと

立ち上がれません。

帝王切開後




ある程度背中側を起こして、でも起こしすぎるとすべるから

足側も少し起こしたり…とリモコンで調整して

なんとか起き上がります。

電動ベッドのない時代はどうしていたのでしょうか・・・

想像するだに恐ろしいです。



立ち上がるときに、傷の痛みとは別に腹にカミソリが

突き刺さったようなするどい痛みが走りました。

この痛みはその後も動こうとするときにたびたび訪れましたが、

手術の傷がある場所とは違うので、何で痛かったのかは不明。

手術の時に、邪魔な位置にあった筋腫をぴよっと取り除いた

らしいので、それの傷だったのかもしれません。



術後の痛みとしては、立ち上がるのもやっとだけど、

安静にしている分にはがまんできる
、という痛さ。


痛み止めをだしてくれる病院なら、どんどんもらうといいよ。

どうせ動けないので、痛さでウンウン唸っているよりは、

痛み止めをもらって、安静にしてるか寝てるかして

体力の回復に注力するのがいいですよ。


えぇ。始まりますから。

ゆっくり横になっていられない状態が






この記事へのコメント

☆まがり★
2013年09月06日 17:23
うっ怖い引きで終了しましたね
お疲れ様でした
やっぱ痛いんですね
痛み止めとかってやっぱ体に悪い
先入観があるから断ってしまうことがあるでしょうな
あーゆーのは天秤が重要ですな
どっちが得か
天秤座なのに秤が逆ザヤになりがちな
人生を送っております

2013年09月12日 23:19
>☆まがり★さん
本当に、この時はガマンしないで
(我慢が美徳のように錯覚してたんですよ)
とにかく体と心を休めておくべきでした。

本当に、この後は「眠れないほど
忙しい」が待ってましたから。

この記事へのトラックバック