帝王切開 体験記 そのころ、ムスメちゃんは・・・

さて。

私が何事もなく術後を過ごしているころ、

ムスメちゃんといえば・・・


入院してました。


母親と一緒に病院にいる(入院している)のは

普通ですが、この場合の入院とはまた別でして。

出産後、肺の中の羊水と空気が完全に入れ替わらず、

急の処置&入院となったのでした。

帝王切開の出産では、よくあることだそうです。


肺のなかの羊水を完全に抜き、経過観察として

NICUに入ることに。

NICUは新生児集中治療室のことで、そこでは新生児ひとりに

一人の先生(あるいは看護士さん)がついていました。

私がムスメちゃんに会えたのは2日目。

保育器の中のムスメちゃんには、小さい体に点滴が付き、

心電図をとるための線がついていました。

経過が良好なため、その後すぐNICUからICUに移動となり、

ICUに移動後は半日で通常の病棟に戻ってきました。



出産する病院を選択するときに、自分はリスク有妊婦

(子宮手術歴有、筋腫もち、肥満)だから、

何かあったときに対応できるようにと

大きな総合病院を選んだのですが、選んでよかったなぁと

しみじみ思ったのでした。

何かあったのは私ではなくムスメちゃんでしたが・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック