正解のないもの。

こどもの日ということで、各局「天才児特集」みたいなのを
やっていて、やれ幼稚園で漢詩を教えているだの、
英語がネイティブと同程度だの
スーパーキッズだのやっていました。

うん、なにか夢中になれるものがあるといいよね。うん。

でもおばちゃん、
10年後にもう一度あいたいわ。話はそれからだ。
(とか思ってしまうのは私が汚い大人になったからでせうか。
「スーパーキッズの10年後」って番組どっかでやらないかなー)





子供に何かやらせたい・・・と思うものの、
自分自身幼稚園の頃に、行きたくもないピアノに
行かされていた経験があり・・・・
習い事なー うーん と思ってしまうのでした。


子供には”大学に行くための勉強”ではなく、
”何かを成すための勉強”ができる子になってほしいなぁ
と思います。転んでも立ち上がれる、
一つの道で行き止まりになっても、別の道を探せる、そんな子に。


あと、学校の勉強はたいして出来なくても、
教養豊かであって欲しいと思っています。


学び続ける力 (講談社現代新書)
講談社
池上 彰


Amazonアソシエイト by 学び続ける力 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

(相変わらず読んだ本の影響をまともに受ける私)


個人的に・・・
「世の中なるようにしかならない」と思っているのですよ。


自分の人生は決して順調ではなかったし、高校の時に
「こうなりたい!」と思って学校まで通って進んだ道とは、
全然違う道にいます。でも、今とっても幸せですよ。

ようは、人生においてどういう選択をするか
なんですよね。
当初の予定通り生きることが必ずしもいいことではないし、
行き止まりもあるだろうし、大きな災害にあうかもしれないし、
やりたくなくても”そうせざる負えない”局面もあるだろうし。
色んな場面があって。いろんな選択肢があって。

そんな時に、いい選択ができる子であれ、と。

常にベストの道を選ばなくても(選べなくても)
ベターな道を選んでくれればいいのです。



じゃぁそうするにはどういう教育をすればいいのか、
という話になるんですが、ありゃしませんよ正解なんて

だからどこの家庭でもあれこれ考えて
いろいろやらせてみたり、通わせてみたりしてるんですよね・・・。


うーん、教育問題がこんなに難しいなんて、
子供生むまで考えもしなかったわ。


ひとまず、おかあちゃんは娘が
何をしたいと言ってもできるように、
おぜぜを稼ぐことを頑張りたいと思います
(そこかよ!という着地点)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック