断捨離デイ

昨日は姉が来てくれたので、洋服の整理をしました。

ワタクシ、押入れの3面+クローゼット3面を埋め、
さらに衣装ケース(それも特大の)2つにギュウギュウに
なるほどの量の服を持っているくせに、
「仕事に来て行く服がない」と嘆いているのです。

「それはおかしい。ねーちゃんが手を貸してやる」
ということで、姉に来てもらったのです。

まずは持っている洋服を例外なく全て出し、
そこから小須田部長よろしく(懐かしいなぁ)
「きるもの」「着ないもの」と分けました。

「着ないもの」は、2年袖を通さなかったものはもちろん、
似たようなテイストでダブっているもの、
形が流行を過ぎたものなども含まれており、これらは
自分一人だったら確実に「まだ着られる」行きになってました。

また、今まで「どーしようかなー」と保留にしていたものも、
姉にバスっと「こんなヨレヨレなの着るな」と言ってもらえると
踏ん切りも付きました。

そんなわけで、45リットルの袋4つ分の衣類が「着ないもの」に。

画像


これは自治体の古着回収に持っていかれることになりました。

取捨選択をしながら、姉に着回しの相談にものってもらいました。
こういう得意分野が異る人が身近にいてくれるのはありがたいですな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック