実家生活

月曜から、実家に里帰りしています。

実家にとって、中の人は初孫。
そのせいか、迎える実家も気合が入っています。
いろいろ至れりつくせりです。ありがたいこってす。

それとともに、出産ぎりぎりまで働いたり、
里帰りしないで産後を過ごす世のおっかさん方はすげーなと
思ってみたり。自分にゃ無理です。


そんなわけで4年ぶりの実家生活なわけですが、
実家を離れて"自分の生活"が出来上がっていたせいか、
戸惑うこともしばし。


特に、ごみ周辺・・・。

画像



自分の暮らしていた区では、引っ越し前の区も
引っ越し後の区もごみはほとんどが燃えるごみにあたります。
燃えないゴミは小さい電化製品やビニール傘程度。

スーパーの白トレー、ペットボトル、新聞・雑誌、
缶・ビン、はリサイクルで、電球・電池が危険物。
そのくらいの分類です。

実家の自治体のごみは、
プラスチックごみ、紙ごみ、燃えるごみ、燃えないゴミに分かれており、
白トレーとペットボトルは自治体では回収せず、かといって
ごみに出すのもダメで、スーパーの回収BOXに持っていく。

さらにプラスチックごみは、リサイクルマークのうち、
「このマークとこのマークはプラスチックごみで、それ以外は・・」と
かなり細かく分かれている・・・。

「だいたいどれも燃えるごみ」だった地域から
来た身としては、正直メンドクセェ(´Д`;)と感じてしまいます。


うーん、以前は「すべてごみになってしまうより、
しっかり分別してリサイクルしてるなんて素晴らしい」
と思っていたのになぁ・・・。

人間、怠惰に慣れるのはあっという間ですね。


実家生活、あまりどっぷり甘えすぎないようにしないと、
家族三人の生活が始まったら
つらくなってしまいそうなので、気を付けないとね。







この記事へのコメント

☆まがり★
2012年07月09日 12:25
長野の実家もナニゲに分別が細かくなってて
びっくりした
高校時代までしか住んで無いから
言ってみりゃゴミ浦島状態ですな
横浜は越して来た当初は分別一切無しで
習志野市から越して来た時は驚いた
でも市民運動家が騒いでエコの為にも
分別しろって話になって
一回途中でルール変更挟んでます
あの時も若干混乱したなぁ
名古屋で分別回収が始まった時
全然助走期間無しに国内最多分別数か
なんかにして市民が全く対応できなくて
分別出来て無いゴミが放置されて
ニュースになってましたな

この記事へのトラックバック