おっぱい狂奏曲~過激派~

ぼんやりと・・・ですが、「母乳で育てたいな~」と
思っています。理由は「楽だから」

いちいち粉ミルクの量を計量したり、お湯の温度を
調整したり、哺乳瓶を消毒したり・・・・
めんどくせーと思ってしまう。

でも同時に「母親以外も授乳できる」という
ミルクのよさもあると思います。
私は“父親にもドンドン育児に参加してもらおう!”と
思っているので、完全母乳じゃなくてもいいや~
とかなり気楽にかまえています。


今日は図書館に、母乳に関する調べものをしに行きました。

そろそろおっぱいマッサージを始めたほうが
いいみたいなんですが、病院でも
母親学級でもそのあたりに関する指導がなかったので、
「自分で調べてみんべ~」と。時間はたっぷりあるし。

ネットで調べてもいいのですが、素人が書いているものや
「聞いた話なんですけど」前提で書かれているものよりは、
“その道のプロが書いた本”を読んでおくべ~と。




いやはや。びっくりだね、その道のプロ。

たまたま私が手にとってしまった本がいけなかったのかも
しれないんだけど・・・・。なんていうか。。。。過激だ。


画像
過激派なおっぱい。一郎風味




ある本では、
ミルクで育てると犯罪者になるぞ!
くらいの論評で書かれていました(^-^;;;。

ほかにも、栄養状態のしっかりしている先進国で、
こんなに母乳育児率が低いのは日本くらい。
これはミルク業界と医療現場の癒着だ! とか、

1歳までは母乳だけでいい! とか

アレルギーのリスクが! とか

その他もろもろ
出版社も著者も違う3冊を手にとったのですが、
3冊とも最終的にはなんだか脅しのような内容に…。

もっとこう・・・
「うん、便利だよね、母乳。調乳の手間がないしさ」
くらいの、ゆる~いトーンでいてほしかった・・・。
「うん、ミルクもいいけどね、母乳もいいよね」
くらいのさ・・・・。

内容がセンセーショナルなほうが、読者のくいつきが
いいからなのかな・・・???

私はあまのじゃくな性格のせいか、これらの本を読んで逆に
「えー・・・」と思ってしまったのでした。

母乳でもね、携帯しながら与えてる母親とか、
赤ちゃんのほうを見向きもしない母親のほうが
ずっとずっと問題ではないかと思うわけです。
ようはミルクだろうが母乳だろうが「どう接するのか」では?と。

母乳だからOKウフフ*:.。☆..。.(ゝ艸・○) というものでは
ないと思うのですよ。



母乳育児に関する本を読んで、たどり着いた感想は
「ナニゴトもバランスだな」でした。

そんなわけで、キョウコさんは混合
(ミルクと母乳の併用)で行きたいと思います。








※補足※
上の絵の元ねたはこの方の絵です。
過激派なおっぱい→武器になりそうなおっぱい
といえば、これしかねぇ!と。



この記事へのコメント

kirk
2012年06月09日 17:39
カミさんは乳が張って痛いので、「搾乳」して冷蔵庫にストックして使っていました。
となり街の桶谷式マッサージというところに通ったり大変だったなあ。
乳が神聖なものに見えた時期です。
いこ
2012年06月10日 03:30
ほんとかどうか知らんが、母乳で育てた方が抵抗力のある子に育つとか言うね。
わたしは母親が母乳出なかったので完全ミルク派でした。
子どものころ体力のない子どもでしたが、アレルギーとか特になかったし、大人になってから体力上がったしね。
赤さんの時だけで決まるものでもなく、その後の体づくりなんかなぁと思ったりしてます。

併用してあげるのが理想的かも知れんけど、赤さんの好みってやつも存在するので、難しいとこですよねw
「母乳もミルクもどっちもうめー」って思ってくれる子になりますようw
2012年06月10日 14:46
>kirkさん
乳って本当に不思議ですよね。
古代の地中海の人々が乳を神聖なものと
してあがめた気持ちがよくわかります。

桶谷式マッサージ!
うわさに聞くマッサージですね。
お世話にならないですむといいなぁ…。
2012年06月10日 14:50
>いこさん
子供って個体差も大きいから、
一概に言えないと思うのよね。
双子を片方は母乳で、片方はミルクで
育てました!くらいの実験をしないと、
本当の結果はわからないのでは?と。

私たちの育児のときは、姉がミルクを
とても嫌がったために母乳だったそうです。
「どっちもうめー」と思ってくれるのが
理想ですね~
☆まがり★
2012年06月12日 11:43
ほら、あれよ
大将にあんま参加させると
たまにキョウコさんが作ったミルクで
しかめっ面されたり・・・
そう言う恐れはないでしょうか
2012年06月12日 23:22
>☆まがり★さん
確かに私は大雑把に作りそう・・・
そして大将はちゃんと作りそうww

この記事へのトラックバック