子どもを生んで、働く、ということ。

いままでボヤッと「このあたりから休むかも~」と
会社には伝えてあったのですが、とうとうキッチリ
休暇届を出しました。

へっへっへ。これで後戻りはできないぜ。
がんばって引き継ぎ終わらせなきゃ・・・。


実は私が一人で担当していた案件がとても多く、
その全てが後輩ちゃん一人にまるっと渡ってしまうのです。
後輩ちゃんは新規プロジェクトにも噛んでるし、
傍から見てても明らかにオーバーワーク…
でも会社は派遣一人雇う気はなく、心苦しい限りです。

つか、担当が一人って会社の危機管理的にどうよ、と
思うのですが。まぁ小さい会社だからしゃーないのか。
ここでモヤモヤしても、決断するのは会社だからねぇ・・・。
うむー。


復帰は社内規定の産後1年後の予定ですが、
これは正直難しいと思っています。
(早めに復帰しないと、という意味で)

まず、保育園に入れるのか・・・という大問題。


認可保育園の場合、申し込みの関係上"4月入園"です。
で、区の規定で「入園させたら一ヶ月以内に職場復帰な!」と
なっているので、5月には復帰しないといけなくなります。
1年一緒にいられないのか・・・。

1歳になるまで待つ・・・はムリかな?と、
今年の月ごとの保育園の空き状況を見ていると思います。
あとは無認可か・・・



無認可は、園庭がないなどのちょっとした部分で無認可に
なってしまっているところから、マンションの一室のような場所に
子どもがぎゅうぎゅうに居るところまで本当にピンキリでして、
認可保育園がダメだった場合のプランは、かなりしっかり
考えておかないとな~と。下見もしたいぜ。

以前、区の保険師さんに「生まれる前に考えておいてくださいね。
生まれてからだとそんなこと考えている余裕ないですから」と
言われたのですが、確かに考えなきゃいけないこと、
早めに手を打っておかなければいけないことがいっぱいです。

復帰後は今のような勤務時間では子どものお迎えに間に合わな
いので、時間短縮&前倒し出社になるでしょう。
そうなると残業代込みで計算されている弊社の料金体系上、
残業分と時間短縮分が引かれて・・・・
今もらっている給料の半分程度になってしまうかと。
そのなかで保育園代などを捻出し、今の家賃を払っていけるのか。

いやはや・・・

そこまでして働く価値があるのかね?と
当然疑問もわいてきちゃいますよ。

でもこの不景気な世の中、産休・育休を取らせてくれる会社に
いるのだから、「あるものは つかってやろう 骨の髄まで」の
精神で図太くいきたいと思います。



「お母さんが働いているからどーのこーの」
「保育園に預けてるから親子の絆がどーのこーの」
とか、絶対に言わせないぜ!



***


つーか、ほとんどの会社の育児休暇は
産後1年までなのに、0歳児を預けられる
認可保育園の少ないこと・・・・

このあたりはもっと国と企業が連携して
やっていただきたいものです。


と、久しぶりにこのブログらしくないことかいてみた。


今日はなんだか語りたい日らしい。



この記事へのコメント

kirk
2012年05月15日 17:19
国は「幼保一元化」とかいって「こども園」なるものをひねり出しましたね。教育も保育も出来て専業主婦も預けられるという・・・。
問題だらけで批判続出。あんなもの考え出すのは子育てはおろか送り迎えもしたことのない政治家なんだろうなあ。安心して出産育児出来る環境がホントに大切。
これから保育行政と向き合わなければならない事が多くなるかと思いますが頑張ってください。子供は国の宝なんだから。

専業主婦でもネグレクトとか虐待とかあるし預けててもしっかり絆でつながっている親子もある。要はどう我が子と向き合うかですよね。
2012年05月16日 11:38
>kirkさん
今まで待機児童とか、ヒトゴトだと
思っていました。いざ自分が当事者に
なってみると「なんだこれ、何考え
てんだ???」なものが多くて
ビックリしますね・・・。
保育園と幼稚園の管轄が違うのも
またねー・・・。

不景気がいけないんだ!だけでは
片付けられないものも多く、
システムの根幹がもう時代に
対応していなんだな~と実感する
次第です・・・

こんななか子育てしてるお母さん方は
本当にすごいぜ!
2012年05月16日 23:36
野田さんは消費税を上げる事に
命を掛けているみたいですが、
教育とか保育とか状況は良くなりそうにもありませんねぇ・・・。
管轄が違うと言うのも、
正そうと思えば簡単に正せる様な気もするのですが、
お役人にその気が無いとしか思えませんねぇ・・・。
無認可は色々と不安も多いと聞きますが、
それでも頼らなければいけない現実と言うのも有るのですよねぇ・・・。
きっとこの状況は変わることはないのでしょうね・・・・多分!
2012年05月17日 00:53
>ゴクウさん
どこの政党が天下とろうが、政治家の
皆様が票田であるところの老人たち
ばかりを見ているうちは、この状況は
変わらないのだろうな~ と思います。

さみしいですけどね・・・
20代30代の投票率が低いうちは
どうにもならないでしょうね・・・。

この記事へのトラックバック