5ヶ月ごろの話1:背中寄りのわき腹が痛い。

5ヶ月目のあるとき、あまりの痛さに目が覚めた。
時間は朝の4時とか5時とか、そのくらい。

痛い場所は背中のような、わき腹のようなそんな場所。
その背中のようなわき腹のような場所(面倒くさいので
これからは地点Aと書きます)の、表面ではなく
内側が痛い。

感じとしては、5時間目の体育で長距離やらされて、
右のわき腹が痛くなるあの感じ。
あの感じが、地点Aで起きている。

画像


うぇぇぇ?
ここに何か内臓あったっけ?
何が痛いの?なんで痛いの?
妊娠関係ある?



原因のわからない痛みは怖いもので、
とにかく体勢を変えたりしてなんとか
痛みを散らそうとするも、逆にその焦りが
いけなかったのか、脂汗が出てくる始末。

これは・・・・救急車・・・救急車なのか?
ひとまず・・・ダンナちゃんを起こして・・・
起こしてどうするんだ?やっぱり救急車なのか?



ちょうど引っ越して間もないころなので、
緊急のときにどの病院にかかっていいかわからない。
(今もわからないが)
さらにこのころには産婦人科は里帰り予定の
実家近くの病院にかかっており、ここから電車で
1時間ちょい、車だと2時間くらいかかる病院なのだ。

救急車を呼んでも“近くにかかりつけ医がいない妊婦”
としてたらいまわしにされるのではないか・・・
あるいは、こんな大したこと無いことで救急車呼んで・・・
と怒られるのではないかなど、余計な不安で
結局ひとりでのたうちまわりながら痛みに耐えることに。


そして気がついた。
そういえば私、会社の健康診断の結果に
「腎臓に石灰沈着があるから気をつけてね。キャハ☆」
って書いてあったわー

で、その腎臓に石灰・・・というのは腎臓結石の一歩手前だと。
結石になってしまうと、石が排泄されるときにものすごい
痛みを伴うときいたことが・・・・

まさか・・・・・・それか?それなのか!?



もしや腎臓結石…という疑念をもったら
もう地点Aは腎臓の場所な気がしてきてしまい、
「このタイミングでくるとかーうわーん」と、
なんだかこの世の終わりのような気分になっていた。
出産するまで、あるいは石が排泄されるまで
ずっとこの痛みが続くのか・・・・と。

ただ、そうなったら逆に腹は決まるもので
「朝になったら病院にいこう。」と、救急車はやめて
ひとまず寝る事にした。痛いけど。


でだ。

不思議なことに、朝いつもと同じ時間に再び
目をさましたら、まったく痛みが無い。
あれ?今朝の痛みは何だったの?夢?
というくらい、痛みの痕跡も無い。

症状が無いと病院には行きづらいキョウコは、
その日は病院にいかず、普通に出社。

ところが、次の日もその次の日も
早朝に地点Aに激痛を感じて目を覚ますが
日中はなんともない、という日が続いた。


結局、これはなんだったのか、というと。

どうやら、胎児とともに大きくなる子宮が、
体のスジをひっぱっていて、その痛みらしい。
早朝になるのは、寝ているときに地点Aあたりの
スジが伸びやすい寝姿勢をしているのではないか、
ということになった。

試しに寝姿勢を仰向けから、抱き枕をつかった横向きに
変えたところ、激痛はパッタリとなくなった。

その後、大きくなる子宮とともに痛くなる場所は
足の付け根や腰まわりなどさまざま変わったが、
そのたびに寝姿勢を工夫することで
何とかおさまっている。


よかったー・・・石じゃなくて
















この記事へのコメント

kirk
2012年04月02日 17:04
痛みにもだえながらも冷静に痛い場所とか原因を推理するキョウコ様のその分析力。いつもながら敬服します!!!。自分なら即救急車ですよお。すごいっす。
2012年04月05日 00:44
>kirkさん
痛い時っていろいろ考えちゃいます。
考えたから痛みがなくなるわけでは
ないんですが・・・・。

小さいころは痛いと「神様、もう○○は
しませんから許してください」とか
考えてましたが(笑
2012年04月06日 22:29
とにかく、
何か大変な事態に成らなくて良かったです。
・・・・んで、
『体のスジをひっぱっていて』と言うのは、
誰かに聞いたのですか?
それともキョウコさんの「多分」的な事ですか・・・・??
2012年04月07日 01:33
>ゴクウさん
看護婦さん(助産師だったかも)に聞いてみました。で、寝姿勢を変えたら治ったので、やっぱりスジなのかなぁと。今は左右の肋骨の下あたりが、引っ張られるように痛いです。

この記事へのトラックバック