3ヶ月頃の話1:つわりアレコレ

自分が体験した「つわりだったかもしれないもの」
ただの体調不良だったかもしれないものあるかも。

キモチワルイ
胃からくる気持ち悪さと、頭からくる気持ち悪さ。
もう、全部ひっくりめて「うげれべ」と呼んでいた。
使い方「今日はすごくうげれべで会社休んだの」

画像
緑の部分はよく夕方ごろに気持ち悪くなりました。
青い部分のときは、むごい二日酔いのような感じ。



だるい
からだが重く、動くのも億劫。


動けない
会社から帰ってソファにすわったまま2時間ほど
根が生えたように動けなくなってしまったことも。
(風呂上りなどにもなった)


イライラする
小さなことでもイライラ。これは月経前症候群に似てる
イライラだったので「ホルモンだ!アイツが俺を
イライラさせているんだ
」と考えることで
なんとか流した・・・けど、うまくいかないことも。
(そんでさらにイライラするんだよね)


鼻が寒い
なんかしらんけど鼻だけが異様に冷えていた。
で、この「鼻冷え」がきた次の日はつわりの症状がきつくなる。


みぞおちが苦しい
例えるなら、みぞおちのあたりに手のひらサイズの
黒曜石のような石がある感じ。
実際かなり息苦しい。
これは、イロイロ思い悩んでいたころひどかった。


ねむい
寝ても寝ても寝れる。ずっと春眠のごとき眠気。
自分が休みで大将が仕事のときなどは
トイレ行く以外ずっと寝ていたこともあった。


ねむれない
体が疲れているのに、脳は休んでくれない感じ。
これも、いろいろ思い悩んでいるときにひどかった。
あと、みぞおちの苦しさやイライラなどの
他の症状をひきつれてくる。

画像
いろいろ思い悩むものだから不眠スパイラルに。



のぼせる
暖房であたたかくなった室内や風呂など、
ふだんだったら何でもない場所でのぼせた。
あと、よくリンゴほっぺになってた。


胃が痛い
キリキリと。そりゃぁもう。


空腹時の食への渇望がすごい
ちょっとでもお腹がすくと食べずにいられない。
空腹状態のときに興奮系の脳内物質でもでているのか
「たべなきゃ死ぬ!」くらいの勢い。
でも食べたら食べたで気持ち悪くなるの。
餓鬼道に落ちたのかと思いました。


気持ちが凹む
ものすごく自分がダメな存在のような気がしていた。
自分を追い詰める思考になってしまうことが多く、
つわりがひどくて休もうものなら「休んでどうにかなるのか?
つわりを理由に自分を甘やかしているだけではないのか?

とか考えていた。なので、本当に動けないとき以外は出社した。
が、だいたいそういう時って体がしんどくて仕事にならない。
今思うと「今年度で消える有給がタップリあるんだから
休んでおけばよかったのに~~」だ。あぁまったくだ。



そういえば、代表的なつわりの症状、
「匂いがダメ」というのはなかったです。
おかげで食事の支度などに困ることはなく。


あと、私のつわりは珍しいタイプだったらしく、
つわりが続いてつらいかと思えば、
まったくなんともない日がある」のです。
こわいですよ~。二日連続でうげれべだったのに、
ピタッと何の症状も出ないとき。
「おなかの子は大丈夫なのか?(妊娠継続してる?)」と
不安になりました。
つわりは嫌なくせに、無ければ無いでこれもまたドキドキです。

産婦人科の先生にきいたところ「そういう人もたまにいます」ですと。




健康と医療(マタニティ) ブログランキングへ

この記事へのコメント

☆まがり★
2012年03月07日 14:05
つわりって無い人もいるとも聞きますな
色々大変を乗り越えて出産される
女性はやっぱ凄いね
男はこりゃ必死でサポートせにゃ
だめですわ
などと感慨深く思いました
2012年03月10日 00:35
>☆まがり★さん
このころは本当に「仕事続けるとか
無理~~(><)」ってなってました。
ない人がうらまやすぃ~ぜ!

うちは男性のサポートがものすごく
あるほうでしたので、その点は
とても助かりました。

この記事へのトラックバック