2ヶ月頃の話5:あまくみていたつわり

妊娠が発覚したころ、つわりらしいつわりはなく、
5週目あたりから「なんだかボヤッとした二日酔い」の
ような感覚がありました。
頭が重く、「なんとなくキモチワルイ」程度の気持ち悪さ。

「これがつわりか~。ま、ガマンできないこともねーな」
と、当時は軽い気持ちでいました。というか、
むしろ「楽勝」くらいの気持ちでいました。



ところがぎっちょんちょん。


ぎっちょんちょん
新潮社
群 ようこ


Amazonアソシエイト by ぎっちょんちょん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








5週目に入ると「酷い二日酔い」のような気持ち悪さに。

頭からくる気持ち悪さ、胃から来る気持ち悪さ、
さらには全身のダルさ。
そして、水をたくさん飲んで寝てればすっきり晴れる
二日酔いと違い、つわりは寝ようが起きてようが晴れない!

そう、つわりは「何をしても晴れない」のです。
これが辛かった・・・


病気ではない、と言われるつわりですが
じゃぁ健康なのか?というとそうではない。

この感じ、なんかアレみたいだ。

「いじめ」

いじめという行為はバラして考えると
恐喝であったり暴行であったりとりっぱな犯罪行為なのに
学校でのこととして「いじめ」という言葉で片付けられる、みたいな。

頭痛であったり吐き気であったりと立派な諸症状がでてるのに
妊娠中とのことで「つわり」というヒトコトで終わってしまう。

あと、当事者以外からはその辛さがわかってもらえない
というところも似ているような気がしてきた。



健康と医療(マタニティ) ブログランキングへ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック