2ヶ月頃の話1:妊娠発覚とハハゴコロ

妊娠が発覚したのは、11月の後半でした。


婦人科に行き、初の検診。
超音波画像にうつる黒い○。
「これが赤ちゃんが入っている袋ですよ」と説明を受けて、
ボンヤリとうつっている白黒のその超音波写真を受け取る。


画像


で、その写真をじ~っとみていたら、
「あぁ、これは“私の一部”ではないんだ」と思った。



胎児に対して「ベビちゃん」と呼んだりするのは違うな・・・と。
むしろ「ベビさん」という感じ。

そこにある一個人として認め、一個人として敬う感じ。
今自分の中にいるこの命は、自分とは別のものなのだ。



妊娠発覚時は、丁度夏から続く嵐期の終盤だったこともあり、
自分が仕事のこととかナンヤカンヤと思い悩んでいた時期でもあります。
そんな私の状況とはまったく関係なく、芽生えてたくましく成長している。
つながっているようで切り離されている。近いようで、遠い。
少し不思議なこの感覚。でも、今後も大事にしたいな、と思ったのでした。




====================
ブログ用のイラストを描く環境は
まだ整っていないので、
画像がアレな感じです(どれだ)






健康と医療(マタニティ) ブログランキングへ


この記事へのコメント

☆まがり★
2012年02月25日 09:53
わくわくとどきどきですな
マタニティ用品とか
長く使えないものを用意しなくては
いけないのが辛いですな
頑張ってよい子を産んでください
kirk
2012年02月26日 00:45
これは私の一部ではない・・・・
そう思えるってすごいと思います。
生まれ来る命をもう一人の人格として考えているってことですもんね。なかなか出来ない事。
キョウコさんすごい。
偉いなんて言ったらそれこそ偉そうだけれど・・
子供
良いですよ。かわいいです。
この子のためなら命を投げ捨てても良いと人生で初めてホントに思ったもの。
出産子育ては長い人生ではほんの数年です。
楽しんで下さいね。
2012年02月27日 15:26
>☆まがり★さん
そうなんですよね~
マタニティ用品といい、ベビー用品と
いい、どれも数ヶ月しか使えないくせに
高いんですよね~。
2012年02月27日 15:29
>kirkさん
自分のなかにいるのにね、自分とは
違うんですよ。なんか、とっても
不思議な感覚なんですけど、
この距離感(なのかな?)は今後
子育てしていく上でも大切かもしれない。

甥っ子やハトコたちも可愛いんです
けどね~その可愛さとも
また違うと聞いていて、今から
楽しみでもあります!
2012年03月02日 22:44
遅くなってしまいましたが
おめでとうございますぅ
お体を大事にしてくださいましねぇ
2012年03月05日 23:34
>ゴクウさん
ありがとうございます
太りすぎないよう、適度に運動しつつ
はぐくんでまいります。

この記事へのトラックバック