読書の秋。

この家に引っ越してから、本は買わない!と
決めたはずなのに、結局買ってしまった・・・。

うん、秋だからね。秋だから仕方ないよね・・・。



今回買ったのは、「日本人なら知っておきたい日本文学」。

レジ前の棚に面陳されていて、つい手に取ってしまった・・・。





学校の授業では、ザックリとしかやらない古典の世界の人物を、
今の私たちでも共感できそうなエピソードを交えながら
紹介しています。

たとえば、
吉田兼好は「最近凝った名前が多いけど、難しくすれば
賢くみえるとでも思ってるのかね?そうでもないよ。
人の名前に見慣れない漢字を使うのってどうかと思うな」
と言っていたり。

うーん、ソレはアレですが。
現 代 の こ と で す か。
現代の、犬の名前だかエロゲーの名前だか
わからないキラキラ☆ネーム♪ですか。

このころから言われているのか、
「最近の若い人は・・・」みたいなものなのかしら。


また、清少納言は「うるさい車を乗り回す人って何なの?
耳おかしいんじゃないの?」と言ってたり。

今のような珍走団ではなく、牛車のことですが。
なんだか現代にも通じますネェ・・・。

あと、藤原考標女は、源氏物語に憧れすぎちゃって、
今で言う腐女子な感じになっちゃうんだけど、
おとなになってから当時の自分の行動を思い返して
「ちょwww痛いwwwサーセン」と冷静に突っ込みを
入れているあたり、現代にいたらお友達になれそうです。
つか、これ自分な。←


人間て1000年経とうが2000年経とうが、
基本的に変わらないんだな~と思う。

ただまわりにあるのが牛車とバイクの違いだったり、
源氏物語とライトノベルの違いだったり、
そういうことなのかな・・・。とか。


もともと古典好きなのもあるかもしれないけど、
とても楽しく読めました。

あと、漫画なので1時間かからずに読了できるのもいいですね。



もう一冊は池上彰さんの本。

こちらは、まださわりだけしか読んでませんが、
それでも「おおおおおおおおおお(゜д゜)」ってなってます。

面白いです。よくわかります。
さすが週間子供ニュース 初代お父さん役!
※当時、こんな口の曲がった人相の悪い人がお父さんとかダイジョウブなのかこの家はとか思っていたことはナイショ☆


池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
文藝春秋
池上 彰


Amazonアソシエイト by 池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



なんか・・・このまま池上さんの「そうだったのか」シリーズを
かたっぱしから読み漁ってしまいそう。。。。

このままではまじめに

“池上さんに読み解かれなければ
ニュースを完全に理解できない体質”
日刊?! 彩賀ゆうの『似顔絵』コラム 2011年4月1日
池上彰さんに甘える人々の読解力低下を恐れる より


になってしまうんではないだろうか・・・・。


でもやっぱりわかりやすい(というか頭にスッと
入っていくのよね)ので読むがな。


この記事へのコメント

☆まがり★
2011年09月15日 17:44
池上さんの話は
特に国際情勢に触れてくれると
やっとそーゆーこと話してくれる
人がいるわ
って思ったりする
日本人ってとことん国際情勢に
興味が無いから北アフリカの暴動の
連鎖もエジプトの政権転覆まで
行かないと話題にならない
火種がずーっと燻ってた事を
だれも知らないんだよね
数年前からガザへ物資を運ぶ為の
地下トンネルをムバラク政権は
国内で同じアラブ人への同情論が
高まる国内世論に配慮して
見て見ぬふり政策を通してたが
いよいよイスラエルの圧力が
高まって摘発を開始してしまい
国内に相当なストレスが溜まってたので
正直チュニジア政変が無くても
時間の問題だったと言えるんですけどね
ってあたりにちゃんと答えてたのが
好印象
2011年09月17日 08:36
>☆まがり★さん
わりとぼんやりした認識だったことを、
はっきりすっきりさせてくれるの。

これはなかなかいない。

この記事へのトラックバック