長野ツーリング 08 諏訪大社

3日目は諏訪大社に行ってきました。


白樺湖方面に行ったり、諏訪湖をぐるっとする
計画もあったらしいのですが、
このころから既に大将の体調が悪化を始めていたので、
とりあえず一路本丸に向かうことにしました。

画像


諏訪大社は、上社・下社、本宮・前宮、春宮・秋宮と
なんだかいろいろあるみたいです。(←ザックリ)

何気に日本でも最古の部類に入る神社で、
起源がよくわかってない、とか、
御柱に代表されるミシャグチ信仰が残ってる…とか、
古代ロマン好きにはたまらない場所なんですが、
いざ行ってみたら普通の神社でした。
別段大きいわけではなく、、、参道もひっそり。
(あ、でも4宮でひとつと考えるとでかいのか)

特別大きい建物があるわけではなく、
参道に対して本堂(本殿?)がそっぽを向いているという
珍しい(面白い)つくりで、そっぽを向いている理由は
よくわかってないらしいのですが、個人的には
「諏訪も、もしかしたら山体が本殿だったのかもな~」
とか思ってみたり。

ミシャグチもヘビの神様だった、という説があるらしいので。
奈良の大神神社みたいなさ。



画像


こちらは“御柱祭り”で有名な御柱。
身長180センチの大将と比較していただくと
いかにデカイかおわかりいただけるかと。
これが山の斜面を下ってくるんだぜ・・・。



そうそう、そういえば諏訪の街は、
諏訪大社にかぎらず、地域の小さな神社(お社)でも
御柱がたっていました。

画像


車山の山頂にあった車山神社にも
御柱がたっていましたね~。


古代日本には諏訪を中心にミシャグチ文化圏
があったのではないか・・・とか、そんなことに
思いを馳せて、ひとりムフムフしていたのでした。


↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます


この記事へのコメント

☆まがり★
2011年08月15日 08:27
御柱祭
前回見に行ったよ
すごいヒトデで
坂を落ちるのをチラ見って感じで
諏訪大社も行ってない始末
とほほ
kirk
2011年08月16日 00:52
長野・・・
7年前、無言館に日帰りで行ったきりです。
お諏訪様は林間学校で行った事ありますよ。

でも、「ぇ、これがあの、諏訪大社?」と拍子ぬけしましたねえ。何年前か忘れましたが。
車山も引率でのぼったっけ。
山は上りより下りのほうがきついと知ったのもその時でした。大将さん、お大事に。
2011年08月16日 23:21
諏訪大社ですかぁ。
良いですねぇ
こう言う場所は大好物です。
御柱祭りはテレビでしか見た事が有りませんが、
こんなデッカイ柱が急な坂をド~ッと下ってくるのですねぇ
諏訪大社で大将の鋭気は少しは戻ったのでしょうかねぇ?
2011年08月17日 00:02
>☆まがり★さん
御柱祭りは毎回すごいですよね。
見る側もすごい人なのか~

2011年08月17日 00:04
>kirkさん
そうそう、「あれ?これがあの・・・
信州一宮の???」って思いました。
思っていたのと違うというか。
こじんまりというか。
2011年08月17日 00:08
>ゴクウさん
柱は間近でみるとすごい迫力でした。
これを毎度毎度よく山から
運び出してくるよな~~と。

木 じゃダメ
柱 じゃなきゃ、ダメ。
そこに、何かとても神聖な
モノを感じたのでした。

この記事へのトラックバック