コクリコ坂の試写会に行ってきた!

コクリコ坂の試写会のチケットが当たったので、
今日は日比谷の東商ホールまで行って来ました。

画像
じゃじゃーん


主人公の声を長澤まさみさんがあてていますが、
いわゆるタレント俳優さんが声をあてているときのような
「(キャラクターや周りの雰囲気との)ビミョウなズレ」は感じません。
長澤まさみ嬢は、声優でも充分やっていけると思います。
うまいです。
アイドル声優ちゃんなんかより、ずっとずっといい仕事してくれます。


話もよくまとまっています。
途中、「下宿人おのおのについて、もうちょっとエピソードを
挿入して欲しかったな」と思うことはありますが。


背景の素晴らしさ、作りこみ具合は、さすがジブリ。
職人がいい仕事してます。


で、来週から公開なわけですが
「ぜひ親子で見に来てくださいね」とは決して言えない作品です。

たぶん、子供(小学生以下)がみても「ぽかーん」だと思います。

舞台が1960年代というところもあるのかもしれませんが、
生まれてない年代なのでノスタルジーを感じることもなく、
さらに、エピソードの少なさゆえか、
キャラクターたちに共感しにくい作品でした。
高校生の淡い恋心を思い出して・・・で、見るものなのかしら。
うむー。


そんなわけで、一言感想。
この映画は、いったい誰が見ることを想定して作っているのかしら

世代的に、自分ははまらなかったようです。
たぶん、あと10年したら、また別の見方が出来ると思います。
私は、まだまだ未熟のようです。



===<2011/7/16追記>====

ゲド戦記でガッカリして、「吾郎じゃな・・・」
と思った方には、ぜひ観ていただきたいです。
同じ監督とは思えないくらい、
しっかり作品として完成してましたよ。

===================

↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます



この記事へのコメント

emirin
2011年07月11日 10:33
そうなんだ!
結愛が見たいとか言ってたんだケド、
確実にやめるコトにします(笑)
DVDでいいやね!
旦那さんにもこの記事見せちゃった(笑)
参考になりました~☆
ありがとね!!
kirk
2011年07月11日 11:00
ジブリはもう少し「寡作」なのかと思っていたのですがほとんど毎年になりましたね。んーなんか違うかな・・・・・少なくともナウシカが出た頃のときめきは無くなったです。ココリコも保留かな
2011年07月13日 11:29
>emirinさん
娘ちゃんが見たいと言っているなら、
それはそれでぜひ見せてあげてください。
きっと、私とは違う目線でみてくれる
とおもうので。

金曜にゲド戦記をやるので、それを
見せて反応をみてからでもいいかも~。
ゲドほど酷くはないよ。
(↑なんだそのたとえ)

ジブリなので、あいかわらず
ゴハンの描写はうまいです。
白飯たべたくなります。
ほっこり炊かれた白飯を。
2011年07月13日 11:32
>kirkさん
たしかに、「トキメキ」はないですね~。
見た後に、一旦噛み砕いて噛み砕いて…
という咀嚼を必要とする作品が
増えてきたような気がします。
そういう映画も必要なんですけどね。

この記事へのトラックバック

  • コクリコ坂から

    Excerpt: 試写会で見ました。子供が多かったですね。お話は、高校のカルチェラタンという建物の Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-07-10 22:16