じぶんの名前

ブログ上では、キョウコと名乗っていますが、
実際の名前も「子」の字で終わる、よくある名前です。
さらに苗字(旧姓)もよくある名前だったため、
ダブルで“よくある名前”。悪く言えば超平凡。

中学のときなど、担任の先生から
「これで○○××子を教えるのは7人目だ」といわれたほど。
グーグルで検索すると、恋愛カウンセラーや
キルティング作家、島根県の大学の先生などなど
同姓同名がいっぱいひっかかります。

あまりの“よくある名前っぷり”に、自分の名前は
あんまり好きではありませんでした。
特に、「子がつくなんてダサイ」と思ってた。
年子の姉は子の付かない(美で終わる名前)なので
「せっかくなんだからそろえろよ~」とも思った。

でも、最近「子という字には、一(はじめ)から了(おわり)の意味が
ある」と知ってから、名前に対する認識がちょっと変わった。

画像


子の付く名前には、人生のはじめからおわりまで、
○○でありますように・・・という願いが
こめられているんだよ。

とは、とある方のおばあちゃんの弁。


目からウロコが落ちるとはまさにこのことで、
子という字が“はじめからおわりまで”だと思うと、
とたんに自分の名前がすごく輝いて見えた。
輝いてるは言い過ぎかもしれないけど。

「名前は、親から子供への一番最初の贈り物」は
誰の言葉だったか。

自分が親になったときは、どんな名前を
贈ってあげられるんだろう。

画像
ち が い ま す



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます


この記事へのコメント

☆まがり★
2011年06月14日 12:17
わしも、昔は
「将来結婚して女の子が生まれたら
二文字で○○って名前にすんねん」
って思ってたら
従姉妹が二人目の子供に
狙ってた名前付けやがった
その子も今度結婚する運びに
ってわしが四十過ぎて結婚できてねぇ
_| ̄|◯
とほほ

2011年06月15日 13:58
>☆まがり★さん
大丈夫!オトコは80になっても
子ども出来るし!←


kirk
2011年06月15日 16:07
また、トリビアいただきました。
そういう願いが込められていたんですねえ。
なんの根拠もなく私は「由美子」という響きに惚れてます。
2011年06月15日 23:50
子と言う字にはそんな意味が有ったのですねぇ
何かで聞いたおぼろげな記憶では、
子が付く名前は位の高い人しか付けられなかったとか・・・・・。

最近の子供は、
何やらやたらとオシャレな名前が多かったりしますが、
お婆ちゃんになったときに困らないかなぁ・・・・っと思ったり思わなかったり
2011年06月16日 23:09
>kirkさん
ゆみこ いいですね!
私は昔「ひとみ」という名前に
あこがれました。
はい、三姉妹大泥棒の次女です。
2011年06月16日 23:12
>ゴクウさん
正しい意味かは存じませんが、
一と了で子 というのには
ロマンを感じています。

「心愛(ここあ)」ちゃんとか
「騎士(ないと)」くんとか
じーさんばーさんになったときに、
日本はどんな姿をしているんで
しょうね・・・。

この記事へのトラックバック