うまうま!ベトナム料理

6日は仕事を定時であがって、丸の内線本郷三丁目駅に。
いつもの友人たちと、ベトナム料理を食べに行きました。

今回も相変わらずよしながふみ著
「愛がなくても喰っていけます」より気になったお店です。
(あそこに書いてあって気になってないお店などないが)


まずは、333と書いてバーバーバーとよむビールで乾杯


画像


軽くてのみ安いビールでござんした。
気をつけないとクイクイ入っちゃうわ(^皿^)

ここのお店、日本人の味覚に配慮してか、
パクチー(香菜)は使われていません。
パクチーは別皿で注文して、入れたい人は入れる方式。
キョウコさんは、入れる派です。←パクチーはむしろ大好き。


まずは揚げ春巻き~~
中華の揚げ春巻きとちがって、皮はお米の粉のようでした。
薄くてパリパリしてるんだけど、独特のもっちり感もあり。
添えてある野菜で巻いて、ニョクマム(ナンプラー)ベースのタレを
つけて食べます。

画像



そして、生春巻き~
ベトナム料理といえばこれを忘れてはいけませんぜ。
こちらは、ミュンオリジナルの味噌(!?)ベースのタレをつけて食べます。
もっちりとした皮につつまれて、ぷりぷりの海老と
しゃきしゃきの野菜の歯ごたえがたまら~~~ん

画像
5本あるのは、メンバーが5人だったから。




そして、ベトナム風お好み焼きのバンセオ。
写真ではわかりにくいですが、でかいです。
オムレツのように、炒めたもやしと豚肉と海老がつつまれていて、
これも添えてある野菜(見えないけど添えてあるのさ)で
くるんでニョクマムベースのタレをつけてたべます。
バンセオはお米の粉なので、食べでは軽いです。

画像


春巻きもバンセオも、これでもか!というほど
野菜と一緒に口に運びます。
あぁ~血が綺麗になるわ~



そしてこちは鳥のフォー
フォーはお米の粉でできた麺で、透き通って白く美しい
中太の平麺です。透き通った鳥のスープとよくあう~}

画像




こちらはフォーと似ているけど中部ソーメンです。
(どのへんが中部でどのへんがソーメンなのかはきくのわすれた~)

画像


メニューには「激辛」の表記があったので辛さを控えめに
していただきました。が、控えめにしてもらったら
そんなに辛くなかったかもよ~
そのままの辛さでも充分いけたかもよ~


お米の麺はまだまだ続きますw
こちらはベトナム風やきうどん。うどぅーん。

画像



フォー、ソーメン、うどんと、同じお米の麺でも
細さやもっちり感などが全部違いました。
お米すごいよ!
あんた、炊かれるだけじゃなかったのね!



これらのほかにも鳥サラダや空芯菜の炒め物なども
ぱくぱくもぐもぐ。
野菜が主だからか、まぁ胃の中によく入ることw


お腹がいっぱいになってきたので、デザートに。

「チェー」というベトナム風ぜんざいをいただきました。
ぜんざいと言っても小豆ではなく、基本は
タピオカとココナッツミルクで、そのなかに
アイスクリームなどのお好みのものを入れていきます。

キョウコさんは、パームスライスとココナッツ餡の入ったチェーを
いただきました。ココナッツ好きにはたまらーーん



日本人向けにアレンジされているからでしょうか、
こんなに美味しいエスニック料理は初めてです。

ここ、個人的にかなり気に入ってしまいました。

これからエスニックな料理の季節になるので、
家とは逆方向だけど仕事帰りに寄ってしまうかも!
あぁでも一人でいったら1~2品しか食べられないわ…
やっぱり美味いものは、みんなでわいわいやりながら
わけあって食べて、いろんな種類を味わうのがいいですね~






↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます





愛がなくても喰ってゆけます。
太田出版
よしなが ふみ


Amazonアソシエイト by 愛がなくても喰ってゆけます。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

☆まがり★
2011年05月13日 12:12
ガオー
アジア成分枯渇気味な拙者は
タイフェスがすーぱー楽しみだったのに
今年は中止・・・
身近にアジア料理好きが少ないので
なかなか
とほほ
2011年05月16日 00:08
>☆まがり★さん
誘いにくいですよね、辛かったり
すっぱかったり、甘かったり。
パクチー(コリアンダー)も
人によっては好き嫌いがすごく
別れるので。。。。

この記事へのトラックバック