飼い主に手を噛まれたよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年会 in 北島亭

<<   作成日時 : 2011/01/12 01:30   >>

トラックバック 0 / コメント 6

10日は、気心の知れたメンバーで新年会を行いました。
場所は四谷の老舗フランス料理屋「北島亭」さん。
よしながふみ著「愛がなくても喰ってゆけます」に
掲載されていたお店で、読んで以来ずっと
「行きたい!!」と一番思っていたお店でした。

なぜ行きたい!と思いながら足が向かわなかったか。
それは、高 い か ら 
おフランス料理ざますもの。
中途半端な値段のお店なわけないざます。←

今回は関西から友人が上京してくることもあり、
奮発した新年会といこうではないか!と、
決心がついたのでした。

で、北島亭。
今回は4名で予約だったので、コースとなります。
(3名以下だとアラカルトで注文できる)
いろんな料理を頼んでシェアして食べられるアラカルトも
魅力ですが、まぁ今回は初めてですし。
1万円のシェフお任せコースでお願いしました。

まずは食前酒にシャンパン。
はじける泡がすっきりと体にしみわたって、
これから出てくる料理のことを思って期待で胸が膨らみます。


【アミューズ その1】 アンチョビクロワッサン
焼き立てでサックサクのクロワッサンは、バターがほんのり香り、
口に入れるとアンチョビの塩気がパンの甘さを
よりいっそう引き立ててくれます。
ひゃー うまい!!

画像



【アミューズ その2】 巻貝のドレッシング和え
大きなお皿の上に、ちょこ〜んとかわいい貝が真ん中に。
これだけでも絵になるフランス料理ってすごいわぁ。
添えてあるようじで刺して食べます。
(貝から中身は既に出してある)
ドレッシングは酸味が利いていて、貝自体の塩気と合わさって
とってもサッパリとしたお味。お酒がすすんでしまう〜
 
画像



【前菜 その1 冷たい前菜】 生うにのコンソメジェリーよせ 
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
食べてみたかったのこれ!!これ!!
はわわはわわ言いながら、スプーンでまずは
コンソメジェリーだけをすくって口に入れます。
ん〜塩味がきいたなかに、鼻に抜けていくのは野菜の風味・・・。
つぎに周りのカリフラワーのソースを絡めてぱくり。
こくがあってクリーミーなのに、ジェリーの風味をジャマをしない!
そして、うにに・・・うにに・・・スプーンを入れて
ジェリーごとうにを口の中にっ。

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

あぁなんか天使が見える!天使が見えるよ!!
うに特有のえぐみはほとんどなく、濃厚で
まろやかなうにが舌の上でコンソメと混ざって、
口の中、喉、そしてその下へとすべてを
幸せにして降りていきま。

「3日くらいにわけて、ちまちま食べたい」とは
一緒に行った友人の弁。
確かに、この幸せが終わってしまうのはもったいないぜー。
写真だとわかりづらいですが、すし屋などで見かける
一艘分はあろうかといううにの量です。

画像


ここで、食前酒に頼んだシャンパンがなくなってしまったので、
お酒を注文。イロイロ飲んでみたかったので、
「おまかせグラスワイン」にしてみました。

ここで持ってきていただいたのは2008年のブルゴーニュブラン。
フルーティで飲みやすく、軽やかな口当たりの白ワイン。

【前菜 その2 温かい前菜】 白子のムニエル
「えぇ?!白子をムニエルに!?」とちょっと驚いた。
白子といえば鍋材料か、伊勢に旅行に行ったときに食べた
郷土料理「くもこのてんぷら」くらいしか食べ方をしらなかったから。
これが・・・また・・・・うまい!!
表面がカリッとした食感もありつつ、ほわっほわな白子。
口の中に入れるとトローリととろけるようになくなっていき、
なんだかフォアグラのよう。そして
鼻に抜けていく香りはとっても芳醇。
なんだろう、バターの香りなのかな?でもバターのように
乳臭くないぞ。使ってるバターが違うのかな?

画像



前菜を食べ終わったところで次のワイン。
CLOUDY BAY。まるでグレープフルーツを思わせる
酸味と苦味のある白ワイン。さっぱりとした飲み口。


【魚料理】 ホタテのソテー ガーリックバターソース
ホタテ、写真では伝わりづらいのですが、
超でっかいです。私は一瞬タイラギ貝の貝柱かと思った。
そんでもってこのでかい貝柱の中が絶妙にレアなんだ!
レアだからこそ、ホタテそのものの甘味が…甘味が…甘味が
またこのガーリックバターソースが、にんにくがききすぎず、
全体の味をうま〜くまとめています。 
うおーこのソースだけくれー 
これをつけたパンはいくらでも食えるぞ〜〜〜

画像



なめるようにお皿をきれいにしていたところ、
もってきてくれたワインは2007年のボジェール。
ここで赤ワインきました!
ベリーのような口当たりと、キリッとした後味の
薫り高い赤ワインです。そんな赤ワインでいたたくのは…

【肉料理】 子羊のつめもの、パン粉焼き 
子羊のお肉のなかに、刻んだオリーブとアンチョビの詰め物が
入っています。そしてまたこの子羊が・・・・超やわらかいんだ…。
ナイフを入れる度に染み出す肉汁。口の中に入れると
羊特有の香りが鼻に抜けていきます(羊くさくはないです)。
お肉そのものが甘く、詰め物の塩気がその甘さを引き立て、
さらに引き出し、口の中を幸せでいっぱいにしていきます。
また表面がパリッとしてるんだー
添えてある野菜のソテーは甘く、トロトロ。
これをお肉と一緒に食べると、また違う幸せな世界で
口の中で広がります。

画像



画像



ここでお食事は終了〜。
コーヒー、紅茶、エスプレッソのなかから
ひとつ飲み物を選んで、デザートタイムです。
私はエスプレッソを選択しました。
エスプレッソは、「あれ?エスプレッソ?」と思ったくらい
苦味がなく、フランスとイタリアだとちょっと
違うのかしら〜と思ってみた。


【デザート】 アーモンド風味のブラマンジェ
なめらかな口当たりのブラマンジェ。
バニラの香りとアーモンドの香りが効いています。
バニラアイスクリームみたい。←

画像



その後、お腹も気持ちも大満足!!でいたところ
お茶請け(?)な焼き菓子(&きんかん)が。

画像



す・・・すいませんすいません長居してすいません。
でもお腹もいっぱいで、こなれるまでに少し時間が欲しかったの。

その後も結局みんなでおしゃべりしたりして、
なんだかんだで閉店間際までいてしまい・・・・

いちごまでいただいてしまいました・・・

画像


さらに最終的に小みかんをお土産にもらったという・・・。
本当に食い意地のはった客ですんません(笑)



*****

総評ですが、評判どおり量は多いかと。
でも、私は「まだ一皿いけるぜ!!」でした。←
(ちなみに余裕があったのは私のみ)

「素材の味を壊さないギリギリまで塩をふるのが
フランス料理」というだけあって、確かに塩味が濃い。
でも、決してしょっぱいわけではない。
お酒がまぁ〜すすむすすむ!ww

ただ、お店は狭く、ちょっとガヤガヤした雰囲気。
また、フロアさんは見習い料理人なのかな?
かわいかったですが← まだちょっとたどたどしいこともあり、
デートや大切な人の食事にはむかないかも〜。

今回のように、気の合う友人たちと
ちょっと豪華に、そして楽しく美味しいものを食べたい!
というときに利用するのがよいと思います。
プロポーズに使えるフランス料理屋じゃない。


今回はコースでしたが、今度はアラカルトも
体験したいぜ!!
アラカルトな人のところには食材を運んで
「今日はコレとコレが入ってますが。
特にコレはとてもいいですよ〜」なんて話を
フロアさんがしていて、「そんなふうに料理を
注文したいぜ・・・」と思った。

ちなみに、かかった金額ですが、
料理、お酒、サービス料全部込みで18,000円也!!

いや〜 大将とのデートでさえ、この金額設定の
お店には入ったことないです(笑)。

自分で働いて稼いでる今だからできる贅沢だぜ〜。
でもまた行きたいぜ〜



↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うまそうな報告書を有難う。
私もこれを見てしばらく牛の様に味(金額も!)を反芻する事にします。ちなみに我が家の翌日の晩ゴハンは鳥挽肉と椎茸の卵とじ丼でした。ホタテを反芻しながらも体が醤油味を求めるもんで
ユーリ
2011/01/12 10:42
あー
親交のある四谷市ヶ谷のご飯ブログ書いてる方が
年に1回か2回か、ハレの日の御用達で
拙者も行って見たいって思ってたお店
だいたいフレンチがあまり経験が無い
人の結婚式の時とかかなー
やっぱ、つい気後れして
カジュアルイタリアンとかになっちゃうんだな
へたれなのでとほほ


☆まがり★
2011/01/12 11:13
>ユーリさん
しょうゆ味w
私はあのほわっほわな白子ムニエルが
忘れられずに自宅でチャレンジ!
してみましたが、
まぁ〜〜〜〜やっぱりちがうわ。
下ごしらえ以前に使っている
モノも違うのでしょうが・・・。
またチャレンジしたいぜ!
キョウコ
2011/01/13 01:51
>☆まがり★さん
年に1回もいけたらいいわ〜

そうですね、結婚式とかで
ないと味わう機会ないですね、
フランス料理は。
その点イタリアンは気楽というか、
ハズレが少ないというか、
わいわいガヤガヤというか。

たぶん、イタリア人も焼き鳥
がスキだと思うの。
(↑味覚がにてるよね、ということが
いいたしらしい)
キョウコ
2011/01/13 01:53
先日はお疲れさまでしたー。
ホタテの味が忘れられられなくて辛いです。
オレ、お金持ちになったら家族つれてあそこいくんだっ
いこ
2011/01/16 00:56
>いこさん
ども、おつかれさまでした〜。
今回の旅行はうまうま三昧だった
みたいで。
ブログのほうも読みましたw
わーい、またイラストに
してもらっちった〜。

また行きたいです。
今度はアラカルトで食べるんだ・・・
へへへ・・・
キョウコ
2011/01/17 01:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新年会 in 北島亭 飼い主に手を噛まれたよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる