飼い主に手を噛まれたよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 先祖からの遺産

<<   作成日時 : 2015/04/05 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今私の住んでいる街は、高級住宅街に近く、
自転車で保育園までの道を駆け抜けていると
立派なお庭のある家やらデザイナーズ戸建てやら
いろんなお宅を目にします。
このあたりは昔からの地主が多いんだとか。


( ゚Д゚)<みんな相続でモメるがいい!
おっとうっかり心の声が。


うちの家系は、そういった財産にはまるで
縁がありませんが、子育てをしていると
「私は先祖からいい財産をもらったなぁ〜」と
感じることが多くなりました。


先祖からの贈り物、それは



丈夫な体。


抱っこにおんぶ



子どもを二人抱き上げてもへこたれない体。
腰痛も、肩痛も、腱鞘炎も、全く無縁です。

背中にリュックを背負い、前に抱っこ紐で次女を
括りつけ、肩には長女を乗せて歩いていることも多いです。
その状態で30分くらい歩くこともありますが、
だからといって腰も肩も悲鳴をあげません。

すばらしい。素晴らしいですこの体。
伊達に骨太じゃないです。



自分でも「あー、倒れられればいいのに」と
思う時もあります。「これって忍者の麻飛ぶ修行
みたいなもんじゃないの?ますますたくましく、
ふとましくなるんじゃないの?」という疑惑もあります。


それでも、丈夫な体というものは
なんてありがたいのだ!
と感じるのは、
それなりの年齢になったからでしょうか。




↓ブログランキング参加中!ぽちっとクリックお願いします!
ランキング
クリックするとブログランキングに投票されます





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
危ないけど自転車に子供三人乗せて漕いでる
お母さんとか居ますな
よくバランスするし漕いで行けると
感心する

拙者も受け継いでるものありますな
亡母の話なので少々重いですが
抗がん剤にも打ち勝つ毛根
癌闘病中に抗がん剤に体が慣れて
効かなくなってくると
もう還暦間近だったのに一本の白髪も無い
髪が生えてきて
効いてる間の髪の無い頭を隠す為に被っていた
ニット帽脱いで
「ほら、薬が効かなくなってくると生えてくるわ」
って見せてたな
あの頃は治るものと信じてたので
呑気に笑って見てたが
お蔭で同年代で白髪の無い人居ないけど
拙者は見えないとこ以外白いの無いですな
薄毛も心配した事が無い
逆に子供の頃は額が狭いのがコンプレックスでした
あ〜ちなみに見えないとこってのは
変なとこじゃなくて鼻の中です
一本だけ白いのがありますな
☆まがり★
2015/04/06 15:40
>まがりさん
ふっさふさなのですね。
世の男性の大半から羨ましがられるフッサフサ。
髪も遺伝的要因が大きいもののひとつですね。
キョウコ
2015/04/12 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
先祖からの遺産 飼い主に手を噛まれたよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる